Category Archives: 赤塚製作所ブログ

素材について

お久しぶりの更新になります。

今年は、弊社の業界のモーターショーみたいな祭典である、

JIMTOF

の年した♪

ですので、試作品をやらせて頂いていました。

個人のお客様には申し訳ないですが、ワンオフは全く手がつけれませんでした・・・

すいません。

 

さて、

冬を感じる季節になってきました。

朝晩の寒い気温に気をつけてくださいね!

 

今回は素材についてお話させて頂きたいと思います。

というのは、最近プーリーのお問い合わせをたくさん頂くのですが、

その際、素材の選定のお話になるので参考になればと思います。

大変長いですが、興味のある方は読んでみてください。

 

よくお話に出るのが、鉄にするのか、アルミにするのか。

わたくしとしては、用途により選んでもらえれば良いと思います。

修理、補修など、長く車を乗って頂くのであれば、断然「鉄」です。

レースなどの用途であれば、「アルミ」で良いと思います。

しかし、ファッションで「アルミ」は厳禁です。

 

その理由としては、

純正のフライホイールとのバランスを考えれば、純正重量に近いもので製作するのが

良いと思います。

クランクシャフトの親メタルへの影響もすくないでしょう。

では、トーショナルダンパーがなくなるのは影響ないのか?

影響は多少あると思います。

 

しかし、車業界の方でトーショナルダンパーを殺したら、どれくらい振動がますのか?

という実験をされて論文を出された方のお話を聞いたことがありますが、

ほぼ出なかったそうです。

とはいっても、直6エンジンだったらしいので、もとのバランスが良いこともありますが・・・

 

気になるのは「強い」、「弱い」ではないでしょうか。

強度とは、引張強さのことを言います。

 

参考までに(JIS規格)

 

S45C マルN(焼きならし)で     570N/mm2

(鉄)  マルH(調質)   で     690N/mm2

 

A2017

(ジュラルミン)   T4材 で     410N/mm2

A7075

(超々ジュラルミン) T6材 で     530N/mm2です。

 

よくA7075は鉄に匹敵すると言われますが、

この数字を比べると、確かに鉄に匹敵します。

ですが、あくまでこれは強度の問題です。

これに付け加え、考えなくてはいけないのは、です。

剛性とは、素材をどこまで曲げれるか、ねじれれるか、といった感じでしょうか。

ここまでは曲げても元に戻りますよ、というイメージです。

剛性=ヤング率ですね。

ではヤング率はどうか。

S45C

(鉄)  マルH(調質)   で     205GPa

 

A2017

(ジュラルミン)   T4材 で      69GPa

A7075

(超々ジュラルミン) T6材 で      72GPa

と、いうことなんです。

参考までに、

材料密度に関しては、

 

S45C  7800kg/m

 

A2017 2800kg/m

 

A7075 2800kg/m

 

アルミの重量が鉄の1/3と言われる所以です。

一般的に強い、弱いという話をするのは剛性のことなんですね。

A7075が鉄に匹敵するのはあくまで強度であって、剛性ではないのです。

同じ剛性をだそうと思えば約3倍の厚みにしないといけないということなのです。

じゃあすべて鉄にしたら、強度も剛性も高い車ができるじゃないか!

(二昔前の車がこんな感じでしょうか)

となりますが、非常に重たい車になってしまいます。

今のご時世、燃費は非常に大きな課題ですので、軽量化というのは大きな要素です。

メーカーさんが、非常に賢い頭を練りに練って出てきたのが「純正」といわれるものです。

材料は適材適所で使い分けていくのが、良いと思います。

しかし、これをこうしたらどんな風に変わっていくのだろうと感じていくのが

カスタムの面白いところだと思います。

わたくしも、純正崇拝者ではないので、たとえバランスが崩れて、リスクが高くても、

カスタムを楽しみたい一人です。

 

ただし、ことクランクプーリーに関しては、

純正バランス(エンジンチューニング済みであれば別ですが)が一番良いと思います。

非常に長くなりましたが、参考になったでしょうか。

 

カスタムライフを楽しみましょう!!

 

ではまた。

 

 

赤塚製作所 赤塚

ゴルフ5用サブフレームスリーブ

おはようございます♪

昼間はかなり暖かくなってきていますね^^

早くも初夏という感じでしょうか。

最近、従業員さんが入社して下さいまして、

会社としても自動車のワンオフパーツの開発試作が順調に進んでおります。

ですので、リフトが欲しいなと思ってしまうこのごろです。

 

さて本題に参りましょうか!!

今回は少し長文になりますが最後までお付き合い頂けるとありがたいです♪

今回製作致しましたのは、

サブフレームの取り付け位置を補正し、芯出しするアルミ製のスリーブです。

取り付け方法としてはボルトを外して、

スリーブを突っ込んでボルトを戻して終わりです。

と、簡単に書いてますが、大変でした。。。

なかなかセンターが合わずに作業時間としてはかなりかかってしまいました。。。

で!肝心のインプレッションといきましょう!!

フロントのみ、リヤ追加という順番でスリーブを入れております。

まず、

①乗り心地がよくなりました。

これは意外でしたね。

サブフレームの芯が出て、スリーブを入れることによって、スキマがなくなりますから

当然、サブフレームの剛性は上がります。

なので、乗り味としてはカタくなるのかなと思ってました。

スリーブを入れる前に、ブッシュを自作ウレタンに換えてありますから、

純正よりはカタい乗り心地になっていました。

ですが、純正に戻った感じです。

しかし、、、、違う点が一点。

純正にしても、ウレタンにしてもカタいのはカタい感じでした。

感覚でいうなれば、ガチガチ、専門用語でいうなればSCM440焼き入れ済み

の中空の棒みたいな感じでした。突き上げ感もありましたし。

これをスリーブを入れると、ガチガチの中実の棒という感じですかね。

カタいんだけど、減衰してくれる感じ。

想像ですが、サブフレームとボルトのスキマがなくなり、モノコックとの取り付け剛性があがり、

サスペンションがよく動くようになり、

(よく動くようになったとは、路面からの入力がしっかりサスペンションまで入るので
よく動くようになったという解釈です)

サブフレームでも減衰してくれている。

といった感じでしょうか。

②ステアリングが重くなった

これも上記と同じくサブフレーム周辺の剛性が高くなり、タイヤの接地感が向上した感じです。

③元に戻った

なんの話ですか?という感じですが、

ウレタンブッシュに交換後、リヤの巻き込み感が出て、アンダー傾向から弱アンダーになって、

とても良い(街乗りでは)感じでした。

フロントのみスリーブを入れた時は、フロントの接地感が増し、さらに良くなりました。

しかし、リヤのスリーブを入れたら、リヤの接地感が増し、アンダー傾向に戻りました。

消して悪い方向性ではなく、純正のリヤの安定感からくるアンダー傾向を

一回り向上させた感じです!

ステアリングを入れたらしっかりと車全体で曲がってくれる感じです。

タイヤをチョイハイグリップに上げた時のような安心感とでもいいましょうか。

何はともかく車としてのボディ性能がレベルアップしたイメージです!!

やろうかなと思っている人は絶対やったほうがいいです!

スリーブ型の設定がある方はそちらをお勧めします。

有名どころでは、3Q自動車さんや、MAXRACINGさんですね!

鋏み込み型では、SPOONさんのリジカラですね!

対応車種も多いです。

しかし、ゴルフ5のスリーブ型はありませんので、欲しい方は製作致しますよ!

マニアックな車や、対応車種がどこにもない!!という方はワンオフしますよ!

ただし、来社していただくか、寸法図面を作成して頂かなくてはいけませんが。

長いこと読んで頂きありがとうございます!

ではまた!

赤塚製作所 赤塚

ゴルフ5用ホイールハブインロー延長ボス

おはようございます♪

ゴルフ5用ホイールハブ延長ボスの在庫をおきました。

自分が欲しいがために作ったものが、まさか他のお客さんから

製作依頼があるなんて思ってもみなかったですね!

学ばせて頂いたお客様に感謝です^^

材質はS45C 黒染め仕様です。

打ち込み代9mm、延長量8mmです。

なぜ8mmか?というと、単純にスペーサーを6mmつけたかったので

先で8mmが付けたいとなった時に大丈夫だからです。

大は小を兼ねる、ということですね。

強度が心配な方もみえるでしょうから、必要以上に肉厚に作ってあります。

サーキットテストをしましたが、外れる、破損するとこはありませんでした。

純正ホイールのままツライチにしたいが、インローがなくなった

ホイールオフセットが絶妙なのがなく、スペーサーで調整したいがインローがなくなった

ボルトだけではセンターは出せないですし、ボルトのせん断など危険です!!

共通ハブとしては(マイレ情報)

AUDI
A3 8P

フォルクスワーゲン
イオス 1F
ゴルフ5 1K
ジェッタ3 1K
パサート 3C
シロッコ 137
ティグアン 5N
トゥーラン 1T

などがあります。ディーラー等で確認してみて下さいね!!

楽しいカーライフを送りましょう♪

赤塚製作所 赤塚

ワンオフクランクプーリーが出来るまで④

こんにちは♪

寒い日が続きますが体調は崩れていないでしょうか?

生姜で体をたためてはどうでしょう!

ここで、余分な話を一つ・・・

これは成人してからアトピー性皮膚炎で悩んでいる子から聞いたことですが、

生姜を食べると体が温かくなるというのは、人体にとって生姜は毒であり、それを体内に入れると

毒素を排出しようとして、体が温かくなるという仕組みらしいです。

知っている方が大半だとは思いますが、無知な僕は衝撃でしたね・・・

さて本題に参りましょう!!

二工程目は一工程で仕上げた部分をチャッキングして、二工程目を仕上げて行きます。

ここで大事なことを一つ。

業界では当たり前ですが、

爪(ジョー、物をつかむジグ)を一工程目に仕上がった径に合わせないといけません。

しかも、掴んだ時に径がばっちり合ってないといけないので、掴んだ状態を仮想して

爪を成形して行きます。ここでも1/100台の仕事が求められるわけですね。

ここの工程をいい加減にすると、

製品の厚み、直角度、並行度、新円度、同心度が1/100台で出なくなってしまうのです。

(上記の幾何公差を1/100台で出すには爪だけではありませんが・・・)

ばっちり爪成形が出来たら、いよいよ二工程目の切削工程に入って行きます。

画像は二工程目の完成画像です。

IMG_1125 (640x480)

Vリブドベルトの溝入れを入れる際に問題が発生してしまいました・・・

刃物と品物の干渉です。

今回は刃物をグラインダーで削り、干渉部分を逃がすことで対処できました。

一品モノですから、刃物を削っては加工確認の繰り返しでここが一番時間がかかりました。

新規で刃物をを発注すればよいのですが、工具屋に在庫がなく、

納期もかかるということでの応急処置でした。

これもまた勉強です!

それ以外は順調にいきました。

あとはキー加工(回り止めのための内径スラスト方向の溝加工)がありますが、これは外注さんにお願いしています。

そして、今回は端面に刻印を入れてほしいとのご要望もありましたので、

こんな感じに入れました。

IMG_1131 (640x480)

写真は加工後、黒染めに出し、刻印部分を白ペンキで文字入れしたものです。

黒と白のコントラストが我なら良い感じでした。

以上、4回にわたりワンオフクランクプーリーの完成までをかいてきましたが、

分かりづらいかもしれませんね(笑)

専門用語が出ますし、僕のボキャブラリーの引き出しも少ないので申し訳ないです・・・

これでご注文から完成まで、日数で4~4.5週間ほどかかります。

専用の機械、人間がいればもう少し早くできるかもしれませんが、

人も機械も専用で用意するとコストが跳ね上がりますからね・・・

クランクプーリー以外のワンオフ品の情報もどんどんアップしていきますので

今後ともよろしくお願い致します。

赤塚製作所 赤塚

 

ワンオフクランクプーリーが出来るまで③

こんにちは♪

年始も始まり、一か月が経とうとしてますね。

年始早々HPからのお問い合わせを頂きました!

この場をお借りしてお礼申し上げます。

さて、いよいよ切削加工に入っていきます。

と、言いましてもCAMでプログラミングしてますし、シュミレーターもかけてますから、

工具選択、工具補正(工具の刃先位置がどこにあるのかを機械に覚えさせます)を間違わなければ、

よほどぶつける事はないです。

一工程目の写真です。

IMG_1123 (640x480)

 

加工出来るところまでは、基本的に削ります。

品物が特殊な形状でない限りは工程はあまり考えなくていいです!

写真のように肉が厚い(品物が分厚い)時はチャッキング(掴む)してもつぶれないので

気を遣わなくても無問題です!笑

ここで、ひとつ注意しないといけないのはV溝が深いので工具干渉が起きないかどうか、

それだけ注意が必要です。

一個ものですから、通常品に比べてかける手間ははかりしれませんので。

次回は二工程目を紹介致します。

では、また。

 

 

 

 

 

te
Link

新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

今年はアフターパーツに力を入れていこうと思っています!!

GOLFV GTIをベースにサーキットテストもしていきます♪

さて、本題にまいりましょう!!

前回は測定までの流れを説明しました。

②ではCADCAMの作成の流れです。

弊社では、CADをSolidWorks、CAMをSolidCAMで作成しております。

測定データがそろったら図面おこし開始です。

通常業務では、図面を頂けるので、公差や位置関係など何も考えなくていいですが、

現物からの測定データしかとれないので1/100の精度で図面をおこすのはほぼ不可能です。

錆びだったり、摩耗だったり、変形だったりという要素がからんできますので。

なので、そこは整備士の勘と本職でのノウハウをいかして、新品に近い図面をおこせれるように

各部の調整をしていかなければなりません。

プーリーに関しては過去のデータ、慣れなども影響して、かんづめで丸2日ほどで出来ます。

今回のもとデータはKS-AUTOさんからの依頼品を使っていいよと言って頂けましたので

画像を公開します。

IMG_1119 (640x480) (2)

これは、DR30(R31)の所謂、鉄火面とよばれるスカイラインのクランクプーリーですが、

分かる方は分かると思いますが、本来3溝中3溝Vベルト使用なんです。

しかし、エアコンコンプレッサーをR33用を使いたいので、

エアコンのVベルトをVリブドベルトにに変更してほしいとのことでした。

なので、コンプレッサー側から採寸し、径を合わせて、ベースデータにドッキングしました。

細かい調整がかなり入りましたが、なんとか形にできたのでよかったです!

車が古いので、替えられるところは新しいものにかえ、車を大事に乗るという

すばらしいことです。エコですね!

CADで図面をおこせたら、あとはCAMを使ってプロムラミングしていきます。

CAMも公開したいのは山々なんですが、ノウハウが詰まっています(かなり大袈裟ですが・・・)ので今回はふせておきます。

別の機会に公開いたします(笑)

プログラミング完了まではトータル4日ほどかかります。

次回は製作過程を公開します!!

お楽しみ?に~

赤塚製作所 赤塚

ワンオフクランクプーリーが出来るまで①

こんにちは♪

ますます冬らしくなってきましたね!岐阜は年内に雪が積もりそうな雰囲気が出てます。。。

さてワンオフクランクプーリーが出来るまでを順をおって説明していこうと思います。

全体の流れとしては、プーリーに限らずワンオフ品は同じ流れを組みます。

まずはじめにすることは測定、および打ち合わせです。

純正部品が無くなった、純正から形状はそのまま材質を変えたい、形状も材質も変えたい等々、

何を始めるにもまずは、純正部品(車から外した部品)の測定をしないといけません。

通常業務の場合は、図面があるのでいきなりプログラミング(CADCAM)に入れますが、

図面がない場合は、測定してから図面おこしをしないといけません。

社内設備では三次元測定機しかないので、外注に形状測定をお願いします。

するとこのようなデータ

IMG_1120 (640x480)

が、上がってきます。

ここまでの作業で1~1.5週間かかります。

あとは、社内でデータとりした三次元データをもとにCADで図面を起こしていきます。

今日はここまで!

 

次回は「ワンオフクランクプーリーが出来るまで②」をお届けします。

 

赤塚製作所 赤塚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめまして♪

一発目は何を書こうか迷いましたが、アメブロで書いてきたことを

少し載せつつ新規の仕事を書いて行こうと思います。

とりあえずはワンオフ品がどういった流れで出来ていくのかを手始めに書いていきますね 😛

題材は、よくご注文頂くクランクプーリーですが、

その他にホイールスペーサーだったり、

アルミホイールのセンターボア加工、

サーマルスコープのアタッチメント、

その他諸々かいていきます。

今回はこの辺で失礼します。

 

次回は、「ワンオフクランクプーリーが出来るまで!①」をお届けします!!

 

赤塚製作所 赤塚